大学院生の憂鬱

研究室の中から研究とは一切関係ない事柄を書きます

ホワイトデー

こんばんは。

 

今日はホワイトデーでした。昨年までは自分には関係なかった話ですが、今年は研究室の女性陣からチョコをもらった。

 

研究室の女子からみんなへ、ということでデパ地下で売ってそうな箱のチョコが置いてあったそうだ。実験を終え、帰ってきた私が見たものは空箱だったが・・・

 

そしてチョコを食べていない私がホワイトデーのお返しを買ってくることに。

 

私「予算いくらぐらいですか?」

 

先輩「一人1000円以下くらいでよろしく、お金は男子みんなで割り勘でいいよ。」

 

一人1000円なら研究室の男子10人で買えば10000円。女性は一人当たりのプレゼントは5000円だ。ずいぶん高いプレゼントを買うなと思いながら駅の売店へ向かった。

 

駅には様々なブランドのチョコレートの店やら和菓子の店やらたくさんあったが5000円のお菓子なんて早々ない。相手は一人暮らししてるのに家族で食べるようなお菓子詰め合わせセットを買うのもなんか失礼だし。

 

そして見つけた。

量、質ともに最高のお菓子を!!

 

www.sadaharuaoki.jp

 

高級そうな出店があるではないか。横文字でうまく読めないし、相手はチョコの本場フランスだ。そこには6個入り5000円超えなんてチョコがざらにあった。

 

だがチョコにチョコで返すのはなんだか芸がない。そうだこのマカロンとかいうお菓子にしよう。いかにも女子が好きそうな名前だ。マカロンと検索すると予測変換で

「マカロン まずい」と出てきたが気にしないことにしよう。

 

f:id:hyos1-2otuk1-8sytd372:20160314223044p:plain

 

マクドナルドのハンバーガーの3分の1の半径しかないくせに値段は3倍だからさぞおいしいに違いない。

私「このマカロン6個入り、2つください」

 

2つ頼むとわざわざ袋を2つ入れてくれる店員。察しがいいな。さすが6個入りで2500円のマカロンだ。

 

そして今日、買ってきた品物を先輩に渡すと先輩は言った。

 

女子一人当たり1000円以下のプレゼントって言ったつもりだったわ」

 

こうして例年の相場の2倍以上のプレゼントは女性たちに大いに喜んでもらえました。

 

おしまい。