大学院生の憂鬱

研究室の中から研究とは一切関係ない事柄を書きます

休日は早く過ぎてしまいますか?それとも長く感じますか? 休息のススメ

こんばんは

 

日曜日も終わりが近づいてきていますね

 

月曜日を憂鬱に思っている人も少なくないでしょう。

あなたにとって土曜日、日曜日の2日間はどのくらい長く感じますか?

 

休日の過ごし方

多くの人にとって休日はスタートするのが遅いでしょう。

花の金曜日、明日も仕事があるからという言い訳は使えず、夜遅くまで飲み歩く人々。平日の仕事なり、学業なり、バイトなりで疲れている人々。

 

特に予定もなければついつい起きるのは昼近くになってしまいがちです。

中には家族サービスでどこかに出かける、なんて言う家族思いのお父さんもいるかもしれません。

 

それでも、何も予定のない休日は長く感じるものです。

土曜日の夜、「今日は何にもやてないなあ」とつぶやきながら夜、特に目的もなくネットサーフィンをしたり、テレビを見つつ、夜更かしする。

そして日曜日も昼に起床、だらだらと過ごし、サザエさんを見ながら「明日は仕事かあー」なんて言ったりして憂鬱な気分になったりする。

 

何もやらなかった休日は悪か?

最近までそんな休日はよくないと思っていました。巷のネット記事や本でも人脈を広げろだの、自己投資をしろだの、様々な休日にやったほうがいいことがあふれています。

 

そういう考えが刷り込まれてしまうと、何もやらなかった日がなんだか損をしたような、自分が悪いことをしているような、そんな気分に駆られます。

 

一時期、日々の時間をいかに効率的に使うかということについてばかり考えていました。本棚を見れば時間術に関する本は10冊くらいあるでしょうか笑?

いろいろ試しました。長期ビジョンを持って日々の予定を立てるだとか、自分の時間の使い方を記録するだとか。

どれもそこそこはうまくいくような気はしているのだけど余った時間が有効に使えないんですよね。休日が有効に使えないように。

 

休日は何もしなくたっていいんじゃないでしょうかね。それこそ定年を過ぎたら毎日が休日ですよ。何もしない休日を楽しめるような人にならないと老後困ると思うんです。

 

休息のススメ

だから最近は休息を大事にするようになりました。大学院生なので時間の自由はかなりききます。30分集中して逐一休憩。コーヒーを飲んだり、読書をしたり。

作業時間(研究時間)は減ってしまったけど、その分何をやればいいか明確にして、集中できているような気がします。

何もない休日でも休息しているという感覚で過ごすとなんだか精神的に休まります。こんな当たり前のことなんで分からなかったんでしょうかね。

休日はその字のごとく「休む日」なのにね。

 

土日は何もやらなかったなあって人は体力を使わなかった分十分休めたと考えて、明日からまた頑張りましょう!!