大学院生の憂鬱

研究室の中から研究とは一切関係ない事柄を書きます

予定がない日こそ外に出てみては?

はじめに 1,運動になる 2,夜更かしを防げる 3,新しい出会いや発見がある(かも) じゃあどこに行けばいいのさ? 最後に はじめに 皆さんは何も予定がない休日をいかがお過ごしでしょうか? 休日は昼まで寝て,家でテレビをずっと見ている人も多いのでは 昨日私…

結果を改ざんするのではなく目標を変える

小保方晴子氏がES細胞窃盗容疑で刑事告発された。 「STAP細胞はあります」 これはもうおととしの出来事だ。いまだにSTAP細胞があるかどうかは確認されていない。最近手記「あの日」を出版した小保方氏は自身の手記の中で、STAP細胞の一連の問題は上司にはめ…

日常の中に非日常を

先週の週末、仙台の繁華街、国分町では大学生の集まりがたくさん。 卒業して就職してしまう4年生にとっては大学生活残り1か月とちょっとということになりますので、サークルや部活の追い出しコンパが多かったようです。 私も先週大学の部活の追い出しコンパ…

もうレンタル店に行く時代は終わった?

こんばんは. 最近週末は暇なのでTSUTAYAとかによく行っていました.何をレンタルするのかというとレンタルしたDVDとかって最初に予告編あるじゃないですか. それで見たいなーと思ったものをレンタルして,またその映画の冒頭の予告編で面白そうなものをレ…

映画「死刑台のメロディ」:日本人は自分自身の意見を持っているだろうか

先日「死刑台のメロディ」という映画を見た.どこかで予告編を見たときに見たいと思ったのだろう.スマホのメモに「死刑台のメロディ」と書いてあったのでツタヤで借りてきた. 死刑台のメロディ [DVD] 出版社/メーカー: 復刻シネマライブラリー 発売日: 201…

「一生モノの超・自己啓発」 (鎌田洪毅)  [感想]

いかにも胡散臭そうなタイトルに騙されてはいけません。 著者は先日情熱大陸にも出演していた京都大学で火山学、地球学を専門に教えている 鎌田洪毅 教授。 副題は "京大・鎌田流「想定外」を生きる" 一生モノの超・自己啓発 京大・鎌田流 「想定外」を生き…

セカンドキャリアは充実していたのだろうか?

昨日元プロ野球選手の清原和博が覚せい剤所持容疑で逮捕された. 私は野球はあまり詳しくないが,清原選手は相当な実績を残した選手である.なぜ今回のような事態に陥ってしまったのだろうか? 清原選手は2008年に引退した.プロ野球選手が自分の意志で引退…

深夜の夜に

新年の目標は早寝早起きです。わたしが大学で所属する研究室には、何時から何時まで研究室にいなければいけないといういわゆるコアタイムはない。だからといって朝はゆっくり寝て、昼過ぎに研究室に現れる昨年のような生活とはおさらばだ。2016年は上記のよ…

「就活って何だ」を読んだ。理想の人材とは?

最近こんな本を読みました。 就活って何だ―人事部長から学生へ (文春新書) 作者: 森健 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2009/09 メディア: 新書 購入: 7人 クリック: 323回 この商品を含むブログ (27件) を見る 私はこの3月から就活をする、わけではない…

映画「永遠の0」に見る命の大切さ

すごい今更感があるが個人ブログなので良しとしよう笑。 映画「永遠の0」が昨年夏ごろ地上波でやっていた。私はあとで見ようと録画。そのまま半年以上放置。今日は外も雪が積もっていて外出するのが億劫になったということで見ることにした。 永遠の0 DVD通…